監視カメラは、実は無料で使える

防犯意識が高い方々は監視カメラの設置を考えるでしょうが、安い物でも5000円以上、高い物であれば5万以上になります。業者に設置を依頼すれば10万、20万と更に費用が掛かってしまいます。しかし、防犯カメラは実は無料で利用出来るとご存知でしょうか。方法は簡単、スマホにアプリをダウンロードするだけです。スマートフォンのカメラ機能を利用し、映した画像データをパソコンやタブレット等に送信するだけのシンプルなシステムで、カメラ機能とWi-Fi接続が出来る物ならiPodでも使用できます。アプリを使った防犯は徐々に普及しつつあり、現在10種類以上のアプリが配信されています。監視カメラというと玄関先に設置するイメージが強いですが、留守番中のペットや小さな子供の様子が気になる方も多い筈です。手軽さも、用途の身近さも正に痒い所に手が届く物と言えます。是非その便利さを試してみてはいかがでしょうか。

監視カメラに関して知っておきたいポイント

防犯などの理由から新たに監視カメラの設置を検討することがあります。しかし初めて購入する人にとっては何を重視すればよいのかわからないということも少なくありません。その為まずは次のようなポイントについて知っておくと良いでしょう。まず価格ですが、性能に比例して上昇するため、予算との兼ね合いを考える必要があります。そのため解像度の高いものを選ぶのか長時間安定して録画できるものを選ぶのかも重要です。また設置箇所によっては別途器具の購入が必要となることもあります。次に購入する場所ですが、インターネットショップなどであれば安価な価格で購入することができますが、設置などは自身で行わなければなりません。電気屋などの店舗で購入すれば設置を行ってくれることもありますが、別途費用が必要なこともあります。前述の性能に合わせて、購入する場所についてもしっかり考えてから決断することをお勧めします。

監視カメラと業者への相談に注目です

セキュリティを強化したい時に、業者に相談をして、監視カメラの設置を進めることも一つの方法です。監視カメラを設置する事により、映像をきちんと記録することができ、お店や会社が閉店した時なども、監視をすることができます。不審者が侵入したときに、映像が残っていることで、警察に相談する時の証拠として、提出する事もできるようになります。実績がきちんとある業者に依頼をすることで、適した場所に設置をしてもらうことができ、その後のサポートもしてもらえるなど、安心できる場合もあります。信頼して任せる事ができる業者に依頼をすることで、万が一のトラブルがあった際にも、相談がしやすくなります。空き巣などの被害に遭った時に、業者に相談をすることで、カメラの映像をチェックしたり、監視カメラの設置や夜中の見まわりなど、いろんな対応をしてもらえる場合もあります。