小型の監視カメラを設置するようにしましょう

店の中に監視カメラを設置する際は、なるべく小型の物を選ぶようにしましょう。設置されている事に気が付かれてしまっては、しっかりと防犯をする事ができなくなってしまいます。これは小さな店でも大きな店でも同じ事が言えるでしょう。小さな店の場合は、あまり万引きなどが多くないと勝手にイメージを持っている方もいますが、そうではありません。小さい店でも棚卸しなどをすると、全く数が合わないと言う事も多くあります。万引きをする側も小さい店の場合は、監視カメラが設置されていないと判断をする場合があります。これも小さい店で万引きが多い理由の1つになります。順調に経営をしていくためには、監視カメラを設置して万引きを少なくすると良いでしょう。設置する際は多少費用がかかってしまいますが、費用以上にメリットがあるので、検討をしましょう。

見えない部分が無いように監視カメラを設置する

監視カメラを設置する際は、見えない部分がないようにしましょう。カメラでは見る事ができない部分があると、商品を取られてしまっても誰が取ったのか分からない場合が多いです。また万引きをする人は、カメラで確認をする事ができない部分がないかを確認している場合もあります。確認する事ができない部分があると分かると、行動をする方が多いです。設置をしてもらう際は業者に依頼をしますが、その際に、見る事ができないように設置をしてもらいたいと依頼をするようにしましょう。この言葉1つで解決する事ができます。今現在すでに設置をしていると言う方は、見えない部分が出てしまわないように、工夫をしてみると良いでしょう。監視カメラの台数が足りないと言う場合は、購入をして設置をしてもらう事によって、解決をする事ができるようになります。

監視カメラを設置した方が良い場所

どこに監視カメラを設置したら良いのか悩んでいる方も多くいます。従業員が安全に働ける事ができるように設置をしたいと考えている場合は、設置をした方が良い箇所が2箇所あります。まずは入り口になります。入り口に設置をする事によって、店の中に入ってきた人の顔を確認する事ができます。入り口に監視カメラが設置してあると言う事は、店の中にも多く設置してあると考える方が多いです。そのため従業員の安全を確保する事ができるだけではなく、万引きを防止をする事ができます。その他はレジの周りになります。レジはお金を受けとる場所になるので、店の中では一番危険な場所になります。その場所にカメラがついていないと、なにか行動をしようと考えてしまう方もいます。カメラがついていると分かれば、お金を狙って行動をしようと考える方もかなり減るでしょう。